So-net無料ブログ作成
検索選択

ナンパの街 ジュノに到着 [ゲーム]

12年ぶりに復帰したFF11。最終章をクリアできるか?今回はその2となります。
前回は、事前準備で終わってしまったので、今回からようやく中で冒険のお話になります(笑)。

Koz160205195304a.JPG


あ、その前にプレイ環境の紹介を。前回VAIO Duo11を55インチのBRAVIAに接続してプレイしてるのはお伝えしましたが、短いHDMIケーブルを使ってるので、無線でキーボードとマウスとパッドをつないで操作しています。ほぼ、PS2の時と同じ感覚で遊べるようにしています。

_DSC6174.JPG



ただ、VAIO Duo11は5年前のノートPCで、今でも色あせないかっこいいデザインなのですがスペック的にはかなり限界で、グラボも積んでないのでかなりスペックを落とさないと快適には遊べません(汗)。

_DSC4465.jpg


最初は1280×720でプレイしてたのですが、戦闘でエフェクトとかが出るととんでもなくフレームが落ちるので、結局は720×480に落としてます(汗)。それでも通常は20~30フレーム、戦闘時は10~15フレームといった感じでなんとか遊べている感じです。今年は新しいVAIOが欲しいですね(笑)

さて、冒険のお話しです。

今回はバストゥークからスタートしたのですが、3国に入ると、強制で最終章シナリオ「ヴァナ・ディールの星唄」をオファーしたことになります。なので、いきなり最終章のオープニングイベントから始まりました。まずはマウラかセルビナに行けと言われるので早速行ってみようかと思います。自分のキャラの現状はレベルは70で終わっていて防具の装備は60ぐらいです。いわゆるAF1、赤魔道士のアーティファクトを着たままです。セルビナまでだったら、この装備で問題なさそうなので、まずは歩いて行ってみようかなと。

地図を開くと・・・これまた懐かしく、なんとなく思い出せるのですが、地名が全部英語で書いてある。うろ覚えの地名とかはどんなところだか思い出せない(笑)。FF14はちゃんと日本語で書いてあるし、進化してるんだなと実感(笑)。

FF11の地図はこんな感じで英語。
010-PortBastok_01.png


FF14は日本語地名とアイコンで少しわかりやすくなってます。
20130731185158.png




たしかセルビナにはグスタベルグに出れば良かった気がする。よし、グスタに出よう。まだググらず記憶をたどって行ってみよう(笑)。

北グスタに出ると懐かしい風景が。
Koz160212184932a.JPG


蜂やトカゲ、ミミズとか懐かしいモンスターが。とはいえ、FF11のほとんどのモンスターはFF14でも登場するので、ここでは懐かしいというより、お疲れさまです、と声をかけたい気分(笑)。にしてもやっぱりマップが広い。もともとPS2のゲームなんで、ポリゴン数やテクスチャは限られ、ここまでマップが広いと地形の特徴も敵も少なくすかすかです(笑)。ものすごく殺風景(笑)。モンスターの配置も少ないですし、背景もそんなにこったものではなく、地味な背景が広がっております。それでも当時はゲームでここまで広いマップを経験出来ることがなかったので、とても感動しましたけどね(笑)


ここでFF14のマップを載せると・・・マップは狭くなってますが非常に高精細で緻密なマップになってますね。ちゃんと進化していて良かった(笑)
Kozy Ohko 2016_02_05 23_58_43.JPG



そして、セルビナに向かって歩いていると、みたことのないオブジェクトを発見。なんか・・・本が浮いてるんですけど・・・
Koz160214194417a.JPG


この本を読むと他の本の場所に移動できたり討伐クエストが受けられるようです。本じゃなくて人でも良かったと思うのですが、本が浮いてるのに違和感が(笑)。とにかく道中で本を見つけたら話しかければいいわけですな。FF14だけプレイしてるとびっくりな事実ですが、FF11では昔は白魔導士しかテレポ(ワープ)が使えず、遠距離移動が不便でした。今は本やホームポイント間をワープで移動できるようになってFF14と同じような感じになっているようです。とはいえ、徒歩で移動すると本気で長く、セルビナまで20分ぐらいは歩いたような気がする・・・


やっとセルビナに到着。
Koz160203230521a.JPG


セルビナの町長に会って話を聞けと言うことで、町長さんとご対面。
Koz160203230330a.JPG


町長さんから、蜂を倒して蜂花粉を3つ集めてこいと言われる。蜂も弱いし、速攻で集めようとコンシュタット高地に戻ります。
Koz160214194916a.JPG


蜂はとても弱いので一撃で倒せるほどです。
Koz160214194849a.JPG



一撃で倒せるのですが・・・30分ぐらい倒し続けているのですが・・・蜂花粉が出ない(汗)。そういえば、サポートジョブに必要なアイテムそろえるので2週間ぐらい掛かったな(汗)。そんな悪夢を思い出したのですが・・・や、今時、ドロップ率は上げているでしょう?FF14だったら目標の敵を倒せばイベントアイテムは100%ドロップですよ?でも・・・全然出ない(汗)。もしかして蜂の名前間違えてる?不安になりながら戦っているとやっと蜂花粉1つめをゲット!!残りはあと2つ。また蜂と戦います。

蜂を倒すとたまに宝箱がでます。中身は大したことがないので、放置して戦ってました。よくみると、自分の名前の横に宝箱のアイコンが表示されています。これは宝箱が出てますよ~ってお知らせしてるのかな?思い出せない。ま、宝箱はゴミ箱なので放置して戦い続けていると・・・「蜂花粉は手に入れることができませんでした」・・・と表示される。ふぁ!!!!30分戦って手にいれたものが流されるってどういうこと!?


ま、まさか・・・


所持アイテムを覗いてみると「40/40」と書いてある。つまりこれは・・・持ち物がいっぱいで新しいもの取れませんよと。そしてさっきの宝箱アイコンは入手してないアイテム(戦利品)がありますよのお知らせアイコンだった!!!思い出すのが遅いよ(笑)うえ~~、またやり直しかよ・・・結局1時間ぐらい掛かって蜂花粉を3つ集めることができました。最初のクエストで1時間って・・・ちょっとテンポ悪すぎでしょ・・・(自分が1つアイテムを流したことは棚に上げて)

次はジュノ周辺のクフィム島に行けといわれたのでまずはジュノに向かうことに。ジュノといえば冒険の拠点となった場所ですからね。懐かしさいっぱいの街ですがやはり歩いて移動したい。けど、また時間掛かりそうなので、今度はチョコボで移動してみよう。さて、チョコボに乗るには・・・FF14だとその場でチョコボを呼び出すことができるのですがFF11だとチョコボ乗り場に行かないといけません。いや~、ほんとに時間のかかるゲームだなぁ。というわけで懐かしのチョコボに乗りました。

Koz160204111456a.JPG


Koz160204111526a.JPG



そしてジュノに到着。

Koz160205194739a.JPG


昔はここにたくさん人がいましたが、今は少ないですね。ちなみに検索してみたのですが、昼間で300人。夜19時ぐらいに検索して600人ほどいました。バザーで放置されているキャラが多いかもしれませんがそれでも600人もいることに驚きです。サーバーの数は16ほどありますので、10000人ぐらいはアクティブなんですかね。これはサービス終了できない立派な人数ですね。


ジュノといえば、ナンパしまくった思い出しかありません(笑)。当時不人気ジョブだった赤魔道士をやっていたので自分からパーティーを作るしかなく、6人のパーティーメンバーを集めるのに1時間ぐらいは掛かっていた気がします。その点、FF14はマッチングがあるので、パーティーを即組めますので、この点は非常に便利になったと思います。ログインして1分掛からずにパーティー組んでダンジョンに行けますからね。このスピード感はとてもいいと思います(ただしジョブによってはこんなに早くマッチングしない)。


ま、FF11のプレイ時間の1/3はナンパ時間だった気がします。ここでふと、FF11のプレイ時間を調べてみると108日でした。あれ???300日ぐらいはやった気がするので少ない。だって・・・FF14はすでに150日超えてますよ・・・(汗)

というわけで次回に続きます。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 2

店員佐藤

VAIO Zのご注文、お待ちしていまーす。
by 店員佐藤 (2016-02-23 17:19) 

kozy

◆店員佐藤さんへ

Canvasの70%オフセールはまだですかね?(汗)
by kozy (2016-02-26 20:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。