So-net無料ブログ作成
検索選択

XPERIA X Performance ファーストインプレ [ケータイ]

久しぶりに機種変してXPERIA X Performanceにしたので簡単にファーストインプレッションでも。

_DSC3545.JPG



全機種のXPERIA Z3は1年8ヶ月ほど使ったので久しぶりに機種変したことになります。そこまで長く使ったXPERIAも初めてでデザインとかは結構気に入ってました。でも、今回はZシリーズが終わり、初のXシリーズということと、デザインが比較的Z3に似ていることもあり、機種変してみました。

では外見をさらっと見てみましょう。

角が丸くパッと見はXPERIA Z3と酷似しています。Z4やZ5のように角ばっていると大きく見えてしますので、個人的には丸みのあるデザインの方が好みです。
_DSC3555.JPG



側面にはお馴染みの電源ボタン、ボリュームボタン、カメラボタンがついていますが、Z3より厚みがあるのですこし残念。電源ボタンは押しやすく指紋センサーも付いているので利便性は向上したかなとは思います。
_DSC3564.JPG



またZ3は両側面にSDカードなどをしまうスロットがありましたが、X Performanceに関しては、SDカードとSIMスロットが統一され、スロットが1つになり、デザインもスッキリ。
_DSC3565.JPG


SDカードとSIMスロットはカバーつきのスライドにまとめられたので、以前の機種のように、スロットのカバーが劣化して取れてしまうことがなくなりそうです。

また接触充電がなくなり、USBケーブルを直接つなぐようになりました。
_DSC3567.JPG


背面はこんな感じで高級感がある仕上がりがいいかなと思います。国内版はアンテナ強度を高めるために下部に違う素材が入ってデザインがすこし残念ですが、結局背面をまじまじ見ることはないので、あまり気になりません。
_DSC3552.JPG


Z3と似ていますが、パーツが切れ目がかなり少ないデザインになって、デザイン、質感ともにZ3より高級感があっていいかなと思います。ただ、やはり新しくXというシリーズになったので、ZとXが一目見て差がわかるデザインを出してくれたら嬉しいです。

1週間ほど触ってみての操作感ですが、ハード性能も向上し、Z3よりさらに滑らかになって、ひきつるアプリもあまりないといった感じです。3Dのゲームも問題ない感じでした。ただ、高負荷のアプリのせいかわかりませんが本体が熱くなりやすいのは気になりました。Z3だとここまで熱く感じたことはなかったです。

それと指紋認証。これは便利ですね。今までは電源ボタン押す→画面をフリックしてロック解除という2ステップでホーム画面に行ってましたが、指紋認証だと電源ボタン押しただけでロック解除という感じで1ステップ短縮されています。指紋は指単位で登録できるので、右利きだとしても、両手の指紋を登録すればより便利かと思います。左手でつかんで電源ボタンを触ることも意外とありますので。ただ、指紋認証していると、電源を切って再起動したとき、初回ログインはパスワードでのロック解除となります。

Z3と比べてハード性能は大きく向上していると思うのですが使用感は大きく差があるわけではありません。どの端末を使っても今はどれも使いやすいといった感じでしょうか。

それとNFCです。X Performanceは背面ではなく、前面にNFCが移動して、タッチするときに前面を差し出す必要があり、液晶を傷つけるのでは?という不安がありましたが、実際は特に問題ありませんでした。JR、地下鉄、バスの改札では、背面で2cmほど浮いた状態でもちゃんと認識してSuicaが問題なく使えました。前面を近寄せないといけなかったのはα7Rで生活レベルでは特に問題ないでしょう。

あ、細かいことですが、Wi-FiとLTEの切り替えが非常にスムーズになった気がします。特にWi-Fiの接続と切断が非常に早く、Z3のように接続できないWi-Fiにいつまでもつながっていることが減った気がします。

ただ、1つだけ困ったことがありました。これはX Performanceの問題というよりアクセサリーのサードメーカーの問題になるのですが。機種変したときに真っ先に買うアクセサリーと言えば、液晶保護シートだと思います。X Performanceの液晶保護シートを見てみると、カバー範囲の警告が書いてある商品が多いんです。ものによっては画面をすべて覆ってないように見える警告もあって、なんだこれはと(笑)。だって今までのZ3だったらこんな警告見たことないですよ。

普段は保護ガラスを使ってるので、今回もガラスを買おうと思ったんですが、なぜかガラスだと、全面透明のやつがなく、液晶の回りが本体と同じカラーで覆われている保護ガラスしかなかったんです。最初、これを買ったのですが、実際の画面より小さく、画面端が隠れて見えなくなってました。というわけで、結局ガラスはあきらめて、前面すべてを覆う透明の保護シートにしたのですが。

X Performanceは従来のシリーズと違って前面の厚みがあって角が丸いんですね。そのせいで、今までのような前面を覆う保護ガラスが作れないんじゃないかとのことですが、ちょっと納得いかないので保護シートを買うときは十分注意して買われた方がいいと思います。

というわけで、X Performanceはデザイン的には高級感もありますし、指紋認証でロック解除も簡単で他人に覗かれることもない。特徴といったらこのぐらいになってしまいますが、万人にお勧めできるクセのない端末かなとは思います。X2はもう少しクセがあってもいいかなとは思うのですが、そもそもスマホにこれ以上何を望むのか?ネタはとくにありません(笑)





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。